東芝ビジネスエキスパート株式会社 人材開発事業部 シグマコンサルティング部(旧:東芝シグマコンサルティング株式会社)

活動・イベント

「課題解決のための統計分析入門」セミナーを開催

 9月26日(金)東芝研修センターにて「課題解決のための統計分析入門」セミナーを開催しました。最近ビッグデータをビジネスに生かす機会が増えています。
 当日はエンジニアリング会社や保険会社の方々に参加していただきました。 データドリブンの考え方を事例を用いてご紹介し、実際にパソコンを使ったデータ分析を実施しました。
 受講者からは、ビッグデータから傾向を発見するテクニックやビジネス活用法を効果的に学ぶことができたなどのコメントをいただきました。

「課題解決のための統計分析入門セミナー」講演風景の写真

「シックスシグマISOセミナー」を開催

シックスシグマISOセミナーの模様  弊社主催「シックスシグマISOセミナー」を5月11日(金)品川イーストワンタワー21F 大会議にて開催しました。

 当日は約50名の方々の参加をいただいて、昨年 ISO化されたシックスシグマの1つの方法論である「DMAIC」について、弊社元取締役であり、ISO化に際し日本代表審議委員として参画された石山一雄氏から、世界のシックスシグマの活用状況及び規格化されたDMAIC手法ISO13053について概説いただきました。
その後、弊社社長から中国の一般家電企業でのDMAICプロジェクト事例の詳しい紹介を行ないました。

 DMAICの国際規格化に伴い、欧米諸国、韓国など、既にシックスシグマを活用して大きな成果を生んでいる国々に加え、新興国企業でもさらにその活用が広まることが想定されます。
特に、国をあげて推進している中国では事例でもご紹介したように、既にかなり高い活用レベルまで到達していると判断でき、生産性/品質など日本企業が従来優位であった領域でも、その優位性は揺らぎつつあると言っていいでしょう。

 シックスシグマがもはや世界の常識になった以上、従来食わず嫌いであった日本企業でも、今までの改善手法に囚われることなく、シックスシグマも含め幅広い手法で、より早くイノベーションを起こし続けなければならないという、危機感が受講者の方々にも伝わったものと思います。
弊社では今後もこのようなフォーラムを定期的に開催していく予定ですので、ご期待ください。

弊社が東芝グループ新入社員向けに行なっている研修が、週刊朝日10/23号記事「ゆとりモンスターが職場にやってきた」で紹介されました

東芝では、佐々木則夫社長を筆頭にグループ全体で経営品質の向上を目指す「東芝イノベーション活動」が進められており、弊社はその活動推進の一端を担っています。
 記事で紹介された新入社員向け研修では、「東芝イノベーション活動」の基本となっているDMAIC法の基礎を、グループ単位の討議・活動により研修します。
 シックスシグマを新入社員達にわかりやすく教えている取組みです。

中国質量協会主催「第6回全国シックスシグマ大会」で来賓として招待講演を行ないました

中国質量協会(CAQ)の要請により、弊社講師石山が4月22日から25日に中国西安で開催された「全国シックスシグマ大会」に参加し、来賓として招待講演を行ないました。
 この大会は、国が開催する中国唯一、最大のシックスシグマに関する大会で、今回で6回を数えます。
 シックスシグマと経営との結びつきの重要性とDFACEの概要紹介等について講演し好評を博しました。

「全国シックスシグマ大会」講演風景の写真

弊社が東芝グループ新入社員向けに行なっている「投石」研修が、週刊ポストに紹介されました

弊社が東芝グループ新入社員向けに行なっている研修が、週刊ポスト誌5月1日号の「ビジネス最前線」で紹介されました。
 東芝では、西田厚聰社長を筆頭にグループ全体で経営品質の向上を目指す「東芝イノベーション活動」が進められており、弊社はその活動推進の一端を担っています。
 この新入社員向け研修では、「東芝イノベーション活動」の基本となっているDMAIC法の基礎を、グループ単位の討議・活動により研修します。

東芝グループ新入社員向けに弊社が行なっている研修が、(株)アスキー殿のウェブサイトに紹介されました

東芝グループ新入社員向けに弊社が行なっている研修が、(株)アスキー殿のウェブサイトに別ウィンドウで開きます「東芝の"投石研修"――おもしろ新入社員研修」として紹介されました。
 東芝では、西田厚聰社長を筆頭にグループ全体で経営品質の向上を目指す「東芝イノベーション活動」が進められており、弊社はその活動推進の一端を担っています。
 この新入社員向け研修では、「東芝イノベーション活動」の基本となっているDMAIC法の基礎を、グループ単位の討議、活動により研修します。

新入社員研修の実習で使われる「カタパルト」(ミニチュア版投石器)
カタパルト カタパルトで投石状態

米国SigmaPro社リーン・シックス・シグマのプラチナライセンス取得

2006年12月19日に米国別ウィンドウで開きます SigmaPro社(CEO Dr. Douglas Mader)からリーン・シックス・シグマ(以下LSS)のプラチナライセンスを取得いたしました。
 同社LSSは、リーン(ムダの排除、JIT等)に関連する手法は勿論のこと、DMAIC手法も包含する広範囲に活用できる手法であり、これまでシックスシグマの適用が困難であったサービス部門、間接部門にも比較的容易に活用することができます。
 東芝ビジネスエキスパート株式会社 人材開発事業部 シグマコンサルティング部(旧:東芝シグマコンサルティング株式会社)は今後、SigmaPro社のテキストに基づいて、LSS教育をご提供していく予定です。

Dr. Douglas Mader(SigmaPro社CEO)と握手をかわす弊社山崎社長(当時)の写真2

中国質量(品質)協会 六西格瑪(シックスシグマ)管理推進工作委員会 専門委員に認定

12月5日に上海で開催された題記大会で、中国シックスシグマ委員会専門会員26名の認証式が行なわれ、弊社常務石山一雄が委員の一人として認証を授与されました。
 中国ではシックスシグマの展開推進に対する要求はますます大きくなっており、東芝ビジネスエキスパート株式会社 人材開発事業部 シグマコンサルティング部(旧:東芝シグマコンサルティング株式会社)はこれまでの連携を更に強化し、中国でのシックスシグマの発展に向けての支援を続けてまいります。

SigmaPro社と技術提携契約を締結(2006年4月21日)

かねてから技術提携を模索していたSigmaPro社と契約を締結し、別ウィンドウで開きます SigmaPro社の有するシックスシグマに基づく設計技術(DMADV手法)の教育ライセンスを取得いたしました。
 SigmaPro社は米国有数のシックスシグマのコンサルタント会社であり、欧米、アジア諸国の多数の企業に教育・コンサルテーション実績があります。
 東芝ビジネスエキスパート株式会社 人材開発事業部 シグマコンサルティング部(旧:東芝シグマコンサルティング株式会社)は今後、新しい教育メニューを加えた教育ラインアップで東芝グループ企業およびパートナー企業様に価値提案を行なっていきます。

Dr. Douglas Mader(SigmaPro社CEO)と握手をかわす弊社山崎社長(当時)の写真1

~ Dr. Douglas Mader(SigmaPro社CEO)と握手をかわす弊社山崎社長(当時) ~
Dr. Douglas P. Mader (CEO of SigmaPro Inc.) and Mr. Yamazaki (CEO of TOSC)

Toshiba Sigma Consulting Co. enters into an agreement with SigmaPro Inc.

Toshiba Sigma Consulting, Co. acquired the Platinum License of Industrial Design for Six Sigma (DFSS) from SigmaPro Inc. SigmaPro is a leading global consulting company in the areas of DFSS and Lean Sigma and has shown remarkable performance in training and consultation in many US, Europe and Asian companies. Under the Platinum License agreement, Toshiba Sigma Consulting, Co. will provide training and consulting services using SigmaPro's Industrial DFSS program to Toshiba group and Toshiba's partner companies.

日本語訳:
 東芝ビジネスエキスパート株式会社 人材開発事業部 シグマコンサルティング部(旧:東芝シグマコンサルティング株式会社)はSigmaPro社より「Platinum License of Industrial Design for Six Sigma (DFSS)」を受領しました。
 SigmaPro社はDFSSやリーンシグマにおいては、著名なグローバルコンサルティング会社であり、欧米、アジアの多くの企業において 優れた研修・コンサル成果を収めています。今回プラチナライセンス取得により、東芝ビジネスエキスパート株式会社 人材開発事業部 シグマコンサルティング部(旧:東芝シグマコンサルティング株式会社)は東芝グループや パートナー企業にSigmaPro社のIndustrial DFSSプログラムを使った研修やコンサルティングを提供できるようになりました。

中国質量協会第3回全国シックスシグマ大会で講演

講演風景の写真1  中国質量協会(CAQ:CHINA ASSOCIATION FOR QUALITY)が主催する第3回全国シックスシグマ大会が2005年11月2日から4日の3日間にわたり中国深セン市にて開催され、本大会のゲストスピーカーとして弊社社長山崎(当時)の講演が行われました。

 中国質量協会では国レベルで品質を向上させていくにはシックスシグマの浸透拡大が必須と考えており、そのためには広く企業の人々や行政に携わっている方々に知っていただくことが重要として、これまで、上海、北京で全国大会を開催してきています。
 また中国質量協会では、ブラックベルトの認証制度を導入して、シックスシグマ指導者の育成やレベルの維持・向上にも力をいれています。
 今回は全国規模での推薦から選抜された約30名のブラックベルトの任命や優秀プロジェクトの表彰なども行われ華やかな大会となりました。
 本大会には中国質量協会の幹部の方々の他、国家発展改革委員会の幹部、深セン市質量技術監督局局長、国務院国有資産監督管理委員会副主任、深セン市質量技術監督局総工程師など、行政の幹部も多数参加されております。
 更に韓国標準協会や香港品質管理協会、ISO組織高級顧問なども参加され、総勢400名を超える大会でした。

 3日間の大会では、「創新管理、迎接挑戦」を主題として、プロジェクト成果発表を踏まえた「On-site Consultation Session」、中国質量協会幹部、中国シックスシグマ推進企業による「Exchanging the Experience of Enterprises Session」、海外企業・団体等による「Expert Forum Session」が行われました。
 中国のたくさんの企業から若いエンジニアなどが参加され、シックスシグマを学びとろうと真剣に討議している姿が印象的でした。

 弊社は第1回目の大会から講演を行うなど、中国質量協会と良好な関係を築いてきたこともあり、最終日に予定されていた「Expert Forum Session」での最終講演を依頼されました。
満員の聴衆を前に「The Way of the Formation of the MI activities」と題して、弊社社長の山崎(当時)より東芝でのシックスシグマを中心としたMI活動定着に向けた道のりについて講演を行いました。
 具体的事例や東芝独自で開発した手法、シックスシグマ手法の推進・定着に向けた種々の工夫などを紹介しました。
 これからシックスシグマの積極的推進を行おうと考えている企業の方々、またそれを支援する中国質量協会には東芝での展開の話は非常に参考になったものと思われ、予定時間を超過し、司会者が制限するほどの質問が寄せられるなど、高い評価を頂きました。

これから中国ではシックスシグマの展開推進に対する要求は大きくなってくるものと思われます。
 これまでの連携を更に強化し、中国でのシックスシグマの発展、経営品質向上に向けての支援を続けていかなければいけないとの思いを強くした大会でした。

講演風景の写真2 講演風景の写真3

「事例に学ぶ経営変革セミナー」を盛況裡に開催いたしました

 2004年10月20日(水)ホテル・モントレ銀座にて「事例に学ぶ経営変革セミナー」を開催しました。
悪天候にもかかわらず約100名 のご参加をいただき盛況裡に終わることができました。

アジア品質会議(The First ANQ Conference & The 17th ASIA Quality Symposium)で東芝MIに関する発表を行いました!

 2003年9月23、24日中国北京で掲題の会議が開催され、日本を含めアジア11カ国から約120名、中国から約300名の参加が有りました。
 当社よりToshiba Management Innovation Deployment と題して東芝のMI活動について講演を行いました。各国参加者からの関心も高く、講演後、個別に多くの質問もあり、広く交流が出来ました。 PDF形式 ※別ウィンドウで開きます 発表概要 [PDF形式/17KB] ※別ウィンドウで開きます

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerは別ウィンドウで開きます Adobe社のダウンロードページからダウンロードが可能です。
Get ADOBE® READER® ※別ウィンドウで開きます。

第36回 VE全国大会で東芝経営変革手法を紹介、大好評!

 去る2003年11月6日〜7日の2日間にわたり、東京・アルカディア市ヶ谷(私学会館)で第36回 VE全国大会(主催:社団法人日本バリュー・エンジニアリング協会、後援:経済産業省、全日本能率連盟、建築業協会 ほか)が開催されました。

 この中の技術紹介の1つとして当社からも「東芝経営変革手法とシックスシグマ」と題し、シックスシグマの手法を基本とした当社経営変革手法の特徴・効果・事例など約1時間にわたり手法概要をご紹介致しました。 海外からの参加者を含め約130名の企業の経営者、管理者、設計などの技術者、改善活動の推進担当者などの方々に熱心に聴いて頂きました。

 なお、発表内容は、「第36回 VE全国大会 事例・資料集」に掲載されています。(同事例・資料集は、主催の日本バリュー・エンジニアリング協会に残部が若干あるとのことです。詳細は、日本バリュー・エンジニアリング協会(Tel 03-5430-4488)にお問い合わせ願います)。

中国 全国シックスシグマ成果・経験交流会にて東芝経営変革手法を紹介、活発な質疑応答で好評!

 中国質量協会(中国品質学会)主催による全国シックスシグマ大会(2003年11月7日〜8日)において、招待発表として、東芝MI(経営変革手法)に関する発表を行いました。

 中国上海にて開催され、中国全土から多数の参加がありました。
2日間わたり16件の発表があり、海外からの招待発表4件、在中国の外資合弁企業、独資企業の発表12件がありました。

 当社は海外からの招待発表として、「東芝におけるシックスシグマを用いたMI(経営変革)活動」と題し、企業の経営ビジョン、中長期経営計画の実現に向けトップCTQをドリルダウンし、シックスシグマ手法、DFACE手法(東芝版DFSS)を活用し課題解決をしていく、という東芝経営管理手法を用いたMI活動について紹介しました。
 発表後のQ&A、その後の時間においても多くの質問があり、中国各企業の関心の高さが伺えました。

中国質量協会(中国品質学会)主催による全国シックスシグマ大会(2003年11月7日〜8日)

「社員研修・教育ガイドブック」(中経出版)で東芝経営変革手法が紹介!

「シックスシグマ手法で利益体質に変える経営革新プログラム」と題して当社の研修内容の紹介が掲載されている「社員研修・教育ガイドブック - 対象別・テーマ別モデルプログラム」が中経出版から発行されました。
(当社の研修内容は、84、85頁に掲載されています。)

「Microsoft Office Visio 2003 評価・導入ガイド」(翔泳社)で東芝経営変革手法が紹介!

「シックスシグマを独自手法に昇華」と題して東芝経営変革手法の紹介が掲載されている「Microsoft Office Visio 2003 評価・導入ガイド」が翔泳社より発行されます。
(東芝経営変革手法は、66〜69頁に掲載されています。)

 このページのトップへ

What'sNew バックナンバー
活動・イベント

別ウィンドウで開きますマークのついているリンクは別ウィンドウで開きます。


トップページ個人情報保護方針サイトのご利用条件

Copyright