東芝シグマコンサルティング株式会社

お客様の声

弊社がサポートさせていただいた企業の中から、お客様の生の声をご紹介いたします。
(個人の役職名や会社名は掲載当時のものです)

グローバルソフトウェアサプライヤ様

 「Six Sigmaはメーカがやるものだと思って違和感を持って取り組んできたが、実際にやってみるととても良い手法と感じた。」
「成功の要因は、これまで明文化されていない仕事のやり方を見える形で整理することができたことが大きかった。プロセスをビデオ撮影して、ベストプラクティスとなるプロセスを見出し、その結果を、会社内で共有させることによって、大きな成果につながった。」

グローバル新規材料サプライヤ様

 「従来のSix Sigmaでは解決できなかった困難な課題をDMADV手法によって解決することができた。」

オルガノ株式会社様

 2004年度より3ヵ年に渡る経営計画をオルガノ経営変革活動(オルガノMI)と名づけて活動しています。オルガノMIは、MI手法を用いて経営品質の向上を図り、中計目標の達成をめざし、2003年度はトップランナー方式で推進し、2004年度よりの新中計のスタートと同時に全社展開を開始しました。

代表取締役会長 橋本 勉様

 「成果を出すには、シックスシグマ手法が必須科目であると認識している。多々あるVOCの中から真のVOCを見つけることだけでも難しい。顧客が気づいていないことに気づくことが重要である。
但し、与えられた宿題をやるという認識では駄目であり、原因分析、対策を考える際に、自然とシックスシグマ手法を活用しているというのが理想である。
 顧客が知らない価値を提供する力、データを洞察する力を身につけ、そのことにより、オルガノが新しい価値を提供することに結びつけていきたい。」

代表取締役社長 傳田 正彦様

 「2004年度よりスタートした新中計では、BSC方式を採用して経営目標を設定した。経営目標を達成するためには、PDCAサイクルを廻していくことが重要である。このため社長対話会を行い、現場に埋もれている課題を汲み上げるようにした。また、経営ボードがCTQを共有化するため、MI推進委員会を立ち上げた。
 MI活動とは、顧客の問題意識を定量的に処理して、短期間で課題を解決しそれを評価することが大事である。それらの点に留意して活動を進めるようにしている。」

株式会社ウエキコーポレーション様

 ガス関連製品を全国に販売する中で、東芝の事業場内でも事業展開しており、課題解決の共通ツールとしてシックスシグマ(MI)を導入しています。
ブラックベルトのDMAIC研修が修了し、各所でプロジェクト活動を推進していただいております。

代表取締役社長 木本 伊彦様

 「DMAIC研修では、思い切って若手をブラックベルトに任命した。その結果、非常に活き活きとした活動となり、良い成果を挙げている。今後、これをもとに更なる展開を図り、経営変革を進めて行きたい。」

Inventec Corporation (Taiwan)

 S.V. Chuang, Vice President of Inventec Corporation:
“DFACE is an indispensable technique when accelerating the Six Sigma activity in INVENTEC Group. We are going to advance deployment of DFACE for continuous growth of INVENTEC Group.”

日本語訳:
INVENTECグループのシックスシグマ活動を加速するにはDFACEは必須の技術です。
我々はINVENTECグループの持続的な成長のためにDFACEの展開を進めようとしています。

株式会社デンソー様

 同社技術開発センターにてDFACEを採用し、強みである自動車・ドライバーの高度なインターフェース技術の開発、コア技術のビジネスロードマップ作り、新規ビジネスのフィージビリティ評価などにDFACE手法を適用していただいております。

プロジェクトの検討風景
プロジェクト検討風景の写真

東芝松下ディスプレイテクノロジー(株)(現 (株)ジャパンディスプレイ)

 東芝松下ディスプレイテクノロジー株式会社(以下TMD)は、2002年4月に東芝と松下の合弁会社として設立されましたが、熾烈な液晶ビジネスの競争のため業績は好調とはいえない状態が続いていました。その様な厳しい状況の中、2003年3月に米澤敏夫氏(当時(株)東芝 常務 経営変革推進本部長)が新社長に就任され、MI活動を全社に積極的に推進されました。
 MI活動の力強い推進によってTMDは設立当初の赤字から早期に立ち直り、03年後半には黒字に転換しました。

代表取締役社長 米澤 敏夫様

 「BCM展開によるスピード経営、経営課題ドリルダウンに基づくプロジェクトと成果のフォロー・ロールアップを徹底的に実施した。
ポイントは、経営幹部自らのプロジェクト推進と、トップダウンによる全体最適の実現、クロスファンクショナルチームによる機動性である。
 さらにコミュニケーションの促進による風土改革を重視し、社員、幹部との対話会を頻繁に行なった。対話会から抽出された経営課題を見定め、課題ドリルダウンで設定されたCTQに対して、多数のプロジェクトを推進し、クロスファンクショナルチームによるメガプロジェクトをも立ち上げ、経営課題の早期解決をはかった。
 経営幹部自らの強い意志と実行力がTMDにおけるMI推進の原動力といえる。
東芝シグマコンサルティングは東芝グループに対するMI教育やプロジェクト指導の経験が豊富であり、TMDのMI推進に多大な貢献をしていただいた。」

大手化学材料メーカ様(一部上場)

  • 「製造部門において、一部残存していたベテランのKKD(経験、勘、度胸)を頼みにしがちな雰囲気から、数値に語らせる思考へと意識改革が進み、歩留まりや生産性の向上が数値で実感できるため、モチベーションが高まりつつある。」
  • 「データドリブンで客観性・納得性が高いので、プロジェクトに取組んだチーム全体の課題や成果の説明力が上がり、広く人材のレベルアップにつながっている。」
  • 「部門横断的なプロジェクト遂行によって、その成果もさることながら、部門間の意思疎通が良好になる効果もあり、各部門で国内および海外顧客からより信頼される品質指標の提示を心掛けるようになってきている。」

電機部品メーカ様(一部上場)

  • 「客先評価ランクが1位に(米国の顧客評価が6位から1位になった)。」
  • 「データドリブンの考え方が身についた。」

専業部品製作所様(JASDAQ上場)

  • 「シックスシグマを通じて文化は着実に変わってきている。」
  • 「5年前は欠品が常態化していて欠品率が20%程度あったが、現在は0.01%以下になった。」

メガバンク様(一部上場)

  • 「顧客起点の問題解決能力を高める上で有効である。」
  • 「共通言語化により戦略実行の効率性が向上できた。」
  • 「実プロジェクトを通じて人材育成が出来る点がよい。」

大手電子部品メーカ様(一部上場)

  • 「従来の改善手法と異なり、データにもとづき客観的な判断ができる。」
  • 「歩留まり向上、コスト削減、売り上げ向上などのビジネス成果が実感できる。」
  • 「新手法によるプロセス条件最適化で約1億円/月のCOPQ削減に成功した。」
  • 「この教育を受けただけで、多くの品質改善・管理ツールを同時に学べ、生産技術者、製品開発者の人材育成に貢献できる。」
  • 「統計的手法を、単なる統計ツールの羅列ではなく、要因抽出から最適解導出まで一貫して修得できる。」

大手電子材料メーカ様(一部上場)

  • 「顧客、特に海外の顧客からの要求を理解できる(シックスシグマは海外ではデファクトスタンダード)。」

電子材料メーカ様(一部上場)

  • 「単なる改善手法ではなく、トップの経営課題とプロプロジェクトテーマの結びつきが明確で、プロジェクトのモチベーションが上がる。」

 ページトップ


東芝シグマトップページ個人情報保護方針サイトのご利用条件

Copyright
東芝グループは、持続可能な地球の未来に貢献します。