東芝ビジネスエキスパート株式会社 人材開発事業部 シグマコンサルティング部(旧:東芝シグマコンサルティング株式会社)

教育・人材育成

 東芝ビジネスエキスパート株式会社 人材開発事業部 シグマコンサルティング部(旧:東芝シグマコンサルティング株式会社)では、自ら経営変革を実践できるイノベーティブな人材育成を目指して、お客様のニーズに合わせて、「企業向け出張研修」と「企業向け個人研修」の2つのコースを設定しています。
 いずれのコースも各企業で今実際に解決したい業務課題をテーマにプロジェクトを起こし、研修による手法修得と同時に、実課題も合わせて解決できる一石二鳥の研修体系となっています。

「企業向け出張研修」

 本コースは、シックスシグマによる課題解決手法を企業全体あるいは特定部門で導入・展開されるお客様に対し、まとまった人数でのシックスシグマ教育による人材育成とプロジェクトによる課題解決を包括的に実施するものです。お客様企業からの受講生に限っての研修になりますので、自由な討議や経営幹部が参画してのプロジェクトレビュー等も計画できます。
 御社への出張研修でも、弊社教室での研修でも対応致します。合わせてテーマの選定から企業内への展開方法、人材育成計画、推進体制構築などのコンサルテーションにも応じさせていただきます。
企業内への全面展開にあたっては包括ライセンス契約の締結も可能です。
 特に、演習を主体にして新入社員の能力向上を目指す下記の研修は、長年の実績もあり多くのお客様から好評を博しております。

オープン研修」

 本コースは、シックスシグマによる課題解決手法やその他のイノベーション関連単科研修を個人単位で受け付ける人材育成コースであり、シックスシグマによる課題解決を目指す個人のお客様や、企業導入前に内容を十分に理解したい方、短期間にイノベーション関連の知識を習得したい方等に最適なコースです。
 原則、弊社教室で開催するオープン研修を受講して頂きますが、研修内容やプロジェクト指導の方法は全く同じですので、研修修了時手法の修得と成果の刈り取りが同時に図れます。

*シックスシグマの研修は、弊社がライセンス供与された手法に則ったものであります関係で、研修に参加した受講生の方にのみトレーニング教材使用権とプロジェクト遂行権を与える限定ライセンス契約となります。
人材育成が進んだ段階で、全社で自由に手法展開ができる包括ライセンス契約の締結も可能です。

オープン研修ラインアップ

シックスシグマ研修

イノベーション関連単科研修

「芝大門塾研修」

 入門者向けイノベーション研修を芝大門塾で開講しております。
芝大門塾研修コース案内サイトにて、コースコードが「TA」で始まるコースが、東芝ビジネスエキスパート株式会社 人材開発事業部 シグマコンサルティング部(旧:東芝シグマコンサルティング株式会社)開催のコースです。

『芝大門塾』(フリーワード「TA」で検索してください)

トレーニングの様子

トレーニングの様子(その1)
講義だけでなく、グループ討議など、演習も含めて理解を深めます。


トレーニングの様子(その2)
海外での教育も開催しています。

受講生の声

 当社は2002年10月の発足より、多数の企業に東芝MIを導入頂き、研修を開始しております。その中で、エグゼクティブ・チャンピオン研修に参加されました経営幹部の方々から、多くの称賛の声を頂きましたので、一部ご紹介いたします。

  • Voice1
    「経営コンサルタントの一般論ではなく、東芝の実行経験に基づいた説明で実に説得力があった。感謝したい。当社モデルへのモディファイについても今後適切なアドバイスをお願いしたい。」
  • Voice2
    「想像していたより講義内容が分かりやすく拒否感が無かった。部分的には自分なりに既に取り込んでいる要素もあったが、東芝MIの手法に学ぶ事が大いにあった。」
  • Voice3
    「弊社の改革を推進する経営者として、その進捗に不満を持ち、空回り感を抱いていたが、その進め方、手法に問題があったのではないかと学習した。何かソリューションの糸に明るさが見えた。出来るものから取り入れ指示をして行きたい。」
  • Voice4
    「“数値化されない経営目標は管理出来ない”とのコンセプトが実感できたこと。トップダウンが重要であり、またロールアップを完全に行うことが、改革・改善の成果を確実なものとすることを理解した。」
  • Voice5
    「当社でも定量目標等の設定および分析、改善活動を行っているが、改善だけでなく、企業の文化・風土に触れている点は大いに参考になった。DFACEのコンセプトは有効な手法と考える。従来からの認識はDMAICまでであった。」
  • Voice6
    「当社の経営変革をMIでやり抜き、風土改革をする。そのために常にやりぬく覚悟を発信する。「社長は本気だ」と全社員に思わせる。」

 このページのトップへ


トップページ個人情報保護方針サイトのご利用条件

Copyright